利益以外のプログラミングの魅力

仕事に従事する事の魅力としては、まずは収入が得られるという点があります。
収入がある事は、仕事を行うに取って重要なテーマです。
生活の糧のために仕事をしている人が大半であり、働きに対してどの程度の収入が得られるかが重視されます。

しかしそれだけでは、世の中の仕事の傾向の説明がつきません。
時には、報酬が限られていて仕事も厳しくとも、その仕事を熱心にこなしている人たちはいます。
理由としては、仕事に大きな魅力を感じているということがあります。
皆が利益を優先して仕事を選んでしまうと、世の中はうまく機能しません。
仕事に対して利益異常に興味があるからこそ、多少は不利な労働条件であったとしても仕事が続けられます。
プログラミングの仕事も、必ずしも恵まれた労働環境が整っているとは限りません。
仕事のスケジュールも厳しいことが多く、心身の疲労は大きいです。

しかし、コンピューター関連のものづくりであるプログラミングには、開発に携わったソフトウェアが、何らかの形で人の役に立つというやりがいの魅力があります。
人の役に立てることであれば、多少仕事が厳しいとしても乗り越えられます。
一方で、たとえ報酬が良い仕事でも、その仕事に何らかの意義が見い出せなければ、継続していくことは難しいです。
プログラマーは、プログラミングの仕事に強いやりがいを感じています。だからこそ、意義を見出した仕事であれば、割に合わなくても意欲的にソフトウェア開発に挑んでいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です